えべつの暮らしを発信中〜!

2つのイオンに戸惑う江別市民 | えべつのじかんコラム

目次

2つのイオンに戸惑う江別市民

国道12号を札幌方面に見ると、左側に「イオン江別店」右側奥に「イオンタウン江別SC」

江別で「イオン」というと「どっちのイオン?」と聞かれます。なんと道路を挟んで斜めに見える距離、直線で約600mの場所に「イオン江別店」と「イオン江別ショッピングセンター」の2つのイオンがあるのです。

ニチイ江別店とイトーヨーカドー江別店

この二つは、もともと「ニチイ江別店」と「イトーヨーカドー江別店」でした。オープンしたのは両方とも1978年のこと。間違えようの無い店名でした。

イトーヨーカドーの閉店とイオンタウンの誕生

写真は、2016年頃のイトーヨーカドー江別店

その後「イトーヨーカドー江別店」は、2007年に閉店、江別市内の会社が所有していた建物は同年のうちに、イオンタウン(株)が借り上げることとなり、「イオンタウン江別ショッピングセンター(SC)」が誕生しました。

ちなみに、当初は、核テナントとして「マックスバリュ」が営業していました。

イオンタウン江別ショッピングセンターを「かわなか公園」側から撮影(2019年)

幾度の名称変更とイオン江別店の誕生

「ポスフール江別店」時代の店舗外観

一方の「ニチイ江別店」は、1997年に「江別サティ」となり、2002年「ポスフール江別店」と名称を変えていました。

そして2011年にイオン北海道(株)が運営する「イオン江別店」となりました。

イオン江別店(2019年6月撮影)

こうして、極めて近くに、イオンタウンが運営する「イオンタウン江別SC」とイオン北海道が運営する「イオン江別店」という2つのイオンが誕生したのです。

似た店名に戸惑う江別市民

イオンタウン江別SCのキーテナント「ザ・ビッグ江別店」

そんなこともあり、いつまでたっても「元ヨーカドーの方(イオンタウン江別SC)」などと説明を加えることになるのです。

いまだに「ポス」と呼ぶ人

一方、「イオン江別店」の方は、さすがに「旧ニチイ」と呼ぶ人は、少なくなりましたが、いまだに「ポス(元ポスフールの意味=イオン江別店)」という呼び方が存在します。

時代は令和を迎え、ここ数年は、ようやく「ザ・ビッグ」という名称も定着し、「イオン江別店」は「イオン」、そして「イオンタウン江別SC」は「ビッグ」と呼ぶことで混同は少なくなってきたように思われます。

いずれにしても、市外からのお客様に道案内するときになどには、いまだに丁寧な説明が必要となるのです。


【リンク】

2019.06.21(編集部T・K)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次