未分類

江別市のモデルハウスに行ってみた!パート1(インテリア編)

投稿日:

突然ですがオシャレなを見かけたら、そこにどんな家が建っていたか長い間記憶に残ったりしますよね。

江別にもオシャレな家がたくさんあり、某有名建築家I・Jさんが設計した住宅も建っていたり。

私は江別市地域おこし協力隊になるまで、家を設計するお仕事をさせていただき、大学も建築、趣味も建築に繋がるようなことばかり。

江別市に来たときから今まで、暇があれば休日は住宅街をドライブ。

なので、オシャレな家を見ると決まって

  • 中はどんな空間が広がっているのだろう
  • どんな材料を使っているのだろう
  • どんな技術でこの家を建てたのだろう

など気になって、しばらく頭の中はそのことだけに。

しかし今回、中を案内してくれるオシャレなモデルハウスのお家があり、そこで私なりに面白かった点が数多くありましたので、ブログの記事にしました。

どうぞご覧くださいませ。

マニアックすぎたらごめんなさい。

 

飛烏山公園に隣接するオシャレなお家とは!?

ご紹介する家との出会いは、飛烏山公園の近くを歩いているときに見つけました。

江別市の条丁目に住んでいる方らな一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

グーグルマップで見るとここにあります。

旗竿地のように(土地の形状はハンマー型のようです)、中に続く道を通って少し中に入ったところに建てられています。

いざ近づいてみると、、、!

 

モデルハウスだった!?

なんと敷地の入口に看板!!!

ここのモデルハウスは「株式会社 アトリエ・キバコ」さんが所有するモデルハウス兼事務所。

建築家の中川さんという方がお出迎えしてくれました。

 

気になるインテリア空間とは!?

建物の内装は、白と木を基調とした明るい空間で、太陽の光が気持ちよく入ってきます。

敷地の隣が公園ということもあり、窓から見える景色がとても素晴らしいです。

 

照明編

2階がリビングになっており、そこでさっそく気になることが!


(引用元:https://atelier-kibaco.com/long-life/)

これは有名な「ルイス・ポールセン」の照明!


(引用元:https://www.louispoulsen.com/ja-jp/catalog/private/pendants)

その後ろにあるのは「レ・クリント」!


(引用元:https://www.leklint.com/en-GB/Products/Show-Product/Categories-Type-Pendants.aspx)

この照明は超が付くほど有名で、サッカーで言うと”ロナウジーニョ”っといったところでしょうか。

しかし、これ、価格が高いんです!!

建築家の中川さんは「良い物はポイント、ポイントで使うことが良い」と言います。

確かに空間のイメージを大きく変えられる場所にお金をかける方がいいですよね。

私も家を建てるときは「ルイス・ポールセン」の照明だけでも手に入れたいものです。

 

インテリア空間を支える江別の人達とは!?

家具編

テーブルやイス、ソファなどの家具は、大麻銀座商店街にいる家具職人「ムーンリットスタジオの石井さん」が製作したものとのこと。

機械的ではない細部の仕上げが、ひとつひとつの家具の美しさを際立てていました。


(今度、ムーンリットスタジオの石井さんにもお話を聞きに行こうと思います。)


ムーンリットスタジオの公式サイトはこちら

 

装飾編

リビング空間に飾られている、ドライフラワーの装飾も大麻銀座商店街にお店を出す「comocoの荒さん」が製作したものとのこと。

ドライフラワーは植物を乾燥させたものなので、長期間にわたってインテリア装飾として使用できるようです。

植物を育てるのが苦手な人には、嬉しいインテリア植物ですよね。


(今度、花屋さんcomocoの荒さんにもお話を聞きに行こうと思います。)


comocoの公式サイトはこちら

 

パート2へ続く(後日投稿予定)

 

訪問したお家情報

atelier Kibaco(アトリエキバコ)

住所:北海道江別市緑町西2丁目1-10
時間:10:00〜18:00
定休日:水・日・祝

URL:https://atelier-kibaco.com/

 

 

-未分類

Copyright© Let's SUMIKAE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.