MENUMENU

Let's SUMIKAE! 江別市の大麻・文京台の住み替え支援

  • Facebook
  • Instagram
  • お問い合わせ

移住者へのインタビュー

MOVE

移住者へのインタビュー

移住者インタビューその2~最大の決め手は「札幌までの良好なアクセス」

投稿日:2018年1月29日 更新日:

こんにちは!

大麻・文京台地区の住み替え支援を担当している江別市地域おこし協力隊のはた&ぽんです。

今回の移住者インタビューは江別市文京台地区に家を建てられ、ご家族で移住された山崎さんにお話をお伺いしました。

現在札幌へ通勤されている山崎さん。 文京台地区を選んだ最大の決め手は・・・・?

山崎さんとお子さんたちのお気に入りスポット「自然ふれあい交流館」でお話をお伺いしました。

移住者PROFILE

山崎 啓太郎(やまざき けいたろう)さん

ご年齢:43歳

ご職業:会社役員

ご家族:妻・娘(10)・息子(5)

移住時期:2011年 札幌より移住

江別市文京台地区を選んだ理由

以前から江別市文京台地区を知っていましたか?

協力隊:札幌の会社でバリバリ働き盛りの山崎さんですが、以前のお住まいはどこだったのでしょうか?

山崎さん:江別に来る前には札幌市月寒に住んでいました。

協力隊:以前から江別市文京台地区は知っていましたか?

山崎さん:実家は厚別で、札幌啓成高校、札幌学院大学に通っていたので(江別市文京台地区のことは)知っていました。

協力隊:なんと!まさに江別と厚別の境界線が生活圏内だったのですね。その時は江別市に来ている感覚はありましたか?

山崎さん:江別市に来ているという感じではなかったですね。本当に生活圏内だったので、気持ち的には厚別区と一緒です。

協力隊:まさに札幌市に隣接している江別市文京台地区のPRにぴったりなコメントありがとうございます!(笑)

江別市文京台地区を選んだ理由

協力隊:さて、そんな山崎さん。江別市文京台地区は以前から知っていたということですが、お住まいは月寒だったのに、どうして文京台地区に家を建てようと思ったのでしょうか?

山崎さん:実は本当は厚別に家を建てようと思っていたのです。かなり頑張って探しましたが、自分たちが譲れない条件に合う土地もなくて・・・。

協力隊:譲れない条件とは?

山崎さん:職場が札幌中心部なので、札幌へのアクセスの良さが第一条件でした。職業柄夜遅くなることも少なくないので、ちゃんと夜帰れる場所を探していました。札幌でも、地下鉄、バスとなると本数も限られてきてしまうので・・・。その後、色々と検討していた時に、ハウスメーカーさんに文京台を紹介されました。札幌へのアクセスも良く、土地も広くて、自然も多い。なんて良いところだ!と思って決めました。

協力隊:やっぱり、アクセスの良さは大事ですよね。うんとPRお願いします!!(乗り出して強調)

江別市文京台地区での生活

実際に江別市文京台地区に住んでみてどうですか?

協力隊:実際に、江別市文京台地区に住んでみてどうですか?

山崎さん:文京台は近くにいい公園が多く、自然も多いので子どもたちが喜んでいますね。特に娘は大の鳥好きで、生き物も大好きなので自然と触れ合える時間があるのがいいですね。今日の取材場所である「自然ふれあい交流館」はすっかり常連です。

協力隊:さっきもスタッフさんと仲良さそうでしたね!すっかり顔見知りですね。(笑)

山崎さん:本当にここは珍しい鳥が来ますよ!庭の鳥小屋にもアカゲラ、クマゲラ・・・・・。

協力隊:・・・・・・・・(鳥についてはわからず)。 お子さんにとって、当たり前に自然と触れ合いながら成長できるってすごくいい環境ですよね。その他おすすめスポットなどありますか?

山崎さん:埋蔵文化センターでも色々な体験ができるので、子どもとよく行きますね。後は文京台南町公園も広く、色々な遊具があります。札幌学園大学の食堂は一般市民の方にも開放しているので、土曜日に子どもとランチを食べたりしています。

協力隊:文京台の生活満喫中の山崎さんですが、住んでみて改善してほしい点などありますか?(毎回ドキドキな質問)

山崎さん:やっぱり周囲に子どもがもっと増えて欲しいですね。子どもが増えて欲しいという気持ちから、まちづくりに興味を持ちました。最近では、周囲に少し子どもが増えてきて嬉しいですね。

協力隊:今では江別のまちづくりに欠かせない存在になっている山崎さんの活動「えべつセカンドプロジェクト」は、そういう思いから発足したのですね。

参考リンク:江別セカンドプロジェクトFacebook

文京台地区でのライフスタイル

協力隊:平日はお仕事でご自宅にいる時間も限られると思うのですが、お休みの日はどんな風に過ごされていますか?

山崎さん:家族で出かけることが多いですね。ジョイフルエーケーや情報図書館に行くことが多いです。情報図書館では本を上限の20冊借りてきますね。鳥の本だけでも10冊以上とか・・・・。

協力隊:すごい!本当に鳥大好きですね。将来は酪農大学で鳥の研究ですね〜

山崎さん:新さっぽろも車だと10分程度で着くのでよく行きます。逆に札幌へはあまり行かないですね。家族で出かける用事があまりないかも知れません。

協力隊:わかります!江別市内や周辺で十分楽しめますよね(笑)

移住者リアルメッセージ

文京台地区へ移住を考えている方へメッセージ

協力隊:では、最後に文京台地区へ移住を考えている方に向けてアドバイスやメッセージをお願いします。

山崎さん:移住や住宅購入を考えるときに、何が自分にとって一番のポイントになるか整理すると良いと思います。自分の場合は、アクセスだったのでした。アクセスだけで考えた時に、札幌も江別もそんなに違いはありません。むしろ、土地の広さや価格などを考慮すると、江別市の方が選択の幅が広がることもあります。江別は自分の叶えたい条件をあきらめる必要がない場所です。 教育面でも、英語教育を小学校1年生から先駆けてやっていたり、タブレットで授業したりしているので、子育て世代の方にもっと知ってほしいなと思います。

SPECIAL THANK YOU

今回は文京台地区の山崎さんにインタビューさせていただきました! まちづくりの活動もされている山崎さん。多方面から江別文京台地区の良いところを教えてくださり本当にありがとうございます!

おすすめスポット詳細

自然ふれあい交流館HP

埋蔵文化センターHP

-移住者へのインタビュー
-, , , , ,

関連記事

移住者インタビューその1〜理想のライフスタイル「庭のある生活」

こんにちは! 大麻・文京台地区の住み替え支援を担当している江別市地域おこし協力隊のはた&ぽんです。 移住者インタビューの第一弾は大麻地区に「庭付き一戸建て住宅」を建てられた佐藤さんご夫婦にお話を伺いま …

移住者募集中!〜明日の大麻・文京台のためにインタビューにご協力ください〜

Contents1 移住者募集〜インタビューのご協力について〜2 募集対象3 インタビューまでの流れ4 お問い合わせ先・担当 移住者募集〜インタビューのご協力について〜 LET’S SUM …

PageTop